グラブやゴージェックの登録方法

インドネシアでグラブ(Grab)やゴージェックの登録方法

 

 

 

インドネシアの旅行をトラブルなく安全に楽しく過ごす方法。

 

それは、車の交通手段をグラブ(Grab)かゴージェック(Go-jek)に限定することです!

 

バリ空港など一部使えない場所がありますが、歩いて空港エリア外に出てでもグラブなどに乗ることをオススメします。

 

日本でグラブやゴージェックは登録できる?

グラブ登録日本

 

日本でグラブやゴージェックを登録するには位置情報をごまかすアプリを使う方法があります。

 

ただ、この方法で登録はできたのですが、結局クレジットカードの登録はできませんでした。

 

シムフリー端末さえあれば、インドネシアで登録もクレジットカード登録も10分もあれば完了するので無駄な時間を使ってしまいました!

 

データー容量を節約したい人は、グラブとゴージェックのアプリだけダウンロードしてくれば十分です!

 

グラブとゴージェックはどっちがいい?

  • ジャカルタやバンドンではグラブの方が安いです。
  • バリ島ではゴージェックの方が安いです。

安全性に関しては、どちらも不安を感じることはありませんでした。

 

・・・が、どういう審査基準かは分かりませんが、グラブ(Grab)の方がちゃんとした人が多い印象です!

 

特に、バリ島のゴージェックの利用では営業を仕掛けてくるドライバーが多かったです。

 

  • 安く観光地を案内したい
  • ジャコウネコのコーヒーに興味はあるか?
  • チベットのお茶に興味はあるか?

・・・など。

 

あまり馴れ馴れしい接客が好きでない方は、グラブ(Grab)の利用をおすすめします!
(アプリの位置精度も高く使いやすいですしね。)

 

グラブやゴージェックの登録方法

グラブ登録

 

グラブやゴージェックの登録にはSMS認証が必要です!

 

シムフリー端末を持っている方は、空港でSIMを購入すれば簡単に登録できます。

 

>>>バリ空港でSIMを安く買う方法

 

SIMフリー端末を持っていない方は、

  • 中古でもいいのでWifi接続のできるシムフリー端末を買う
  • グラブやゴージェックの登録時に友達や親類の電話を登録し、SMS認証コードをメールやラインで送ってもらう

・・・などの手段を使って、SMS認証を突破しましょう!

 

グラブやゴージェックはカードを登録したほうがいい?

グラブ登録

 

グラブやゴージェックは利用する時に、

  • 細かい現金の手持ちがあるか確認しなくていい
  • 問題があった場合には返金の可能性もあり安心

などの理由があるので、できれば登録しておいたほうがいいですね!

 

グラブやゴージェックで登録ができないカード?

 

グラブやゴージェックで登録ができないカードは、3Dセキュア(本人認証サービス)と呼ばれるサービスに登録設定していないカードです。

 

日本出国前に、使用するクレジットカードやデビットカードの3Dセキュア(本人認証サービス)設定の登録を済ませておきましょう!