10万ルピア以上 数え方

ルピアの数え方!10万ルピア以上

ルピア,10万以上

 

少額のルピアの数え方を説明しているサイトは多かったのですが、大きい額の説明しているところが無かったので書いてみました。

 

ここでは、まず10万ルピア以上の数え方を説明します!

 

では早速まいりましょう。

 

100,000

(10万ルピア)

ス+ラトゥ~ス(本来ならサトゥ+ラトゥ~スですが、100はとなります。)
100の意味
日本語で言うと10万ルピアですが、インドネシアでは後ろのゼロを3つ取って100と言います。

200,000

(20万ルピア)

ドゥア+ラトゥ~ス
200の意味

300,000

(30万ルピア)

ティガ+ラトゥ~ス
300の意味

400,000

(40万ルピア)

ウンパ+ラトゥ~ス
400の意味

500,000

(50万ルピア)

リマ+ラトゥ~ス
500の意味

600,000

(60万ルピア)

ウナム+ラトゥ~ス
600の意味

700,000

(70万ルピア)

トゥジュ+ラトゥ~ス
700の意味

800,000

(80万ルピア)

ドゥラパン+ラトゥ~ス
800の意味

900,000

(90万ルピア)

スンビラン+ラトゥ~ス
900の意味

1000,000

(100万ルピア)

ス+リブ
1000の意味
以降、ドゥアリブ(2000)、ティガリブ(3000)・・・と続きます。

 

次に、1万ルピア以上の数え方を説明します。

 

10万ルピア以上の数は、1万ルピア以上の数と組合わせることにより細かく表せます。

 

例えば、250,000(25万ルピア)は、250なのでドゥアラトゥ~ス リマブル・・・となります。

 

10,000ルピア

(1万ルピア)

ス+ブル
10の意味

20,000ルピア

(2万ルピア)

ドゥア+ブル
20の意味

30,000ルピア

(3万ルピア)

ティガ+ブル
30の意味

40,000ルピア

(4万ルピア)

ウンパ+ブル
40の意味

50,000ルピア

(5万ルピア)

リマ+ブル
50の意味

60,000ルピア

(6万ルピア)

ウナム+ブル
60の意味

70,000ルピア

(7万ルピア)

トゥジュ+ブル
70の意味

80,000ルピア

(8万ルピア)

ドゥラパン+ブル
80の意味

90,000ルピア

(9万ルピア)

スンビラン+ブル
90の意味

 

インドネシアの人は、価格交渉の時に上記の値段を外国人相手でも上記の値段を早口で言ったりしてきます。

 

なぜなら、一見の観光客かある程度現地に事情に精通しているか判断するためです。

 

観光客で高額紙幣のインドネシア語を理解している人はほぼいないですからね。

 

Itu mahal (イトゥ マハル)・・・高いです。

 

なども言えるようにしておくと、ある程度ボラれるのも防げると思いますよ。

 

インドネシア旅行入門編、ATMでのお金のおろし方の記事も参考にして下さい!